フットサルで大切なセオリー  
top 初めに グッズ 現場で使う言葉 練習方法 セオリー ルール 管理人 コート一覧 メン募    

フットサルで大切なセオリー THE☆実戦

サッカーよりはましですが、フットサルでもボールを触っている時間より走っている時間の方が長くなります。
攻撃の時はボールを貰える位置に移動する、守備の時はブロックするといった具合です。

まずはディフェンス
テレビでサッカーを見る人であれば、誰でも出来ます。
アマチュアレベルではディフェンスがしっかりしているチームは、 大会で簡単に上位にいきます。
相手が技術的に上でも勝てるでしょう。
しっかりと守るチームから点を取るというのは非常に難しい事なのです。
注意して欲しいのですが、ディフェンスの目的は相手のボールを奪い取る事ではなく、相手の攻撃を遅らせる事が目的です。
取れそうな時は取ればいいのですが、飛び込んでしまうのは「ギャンブル」なので絶対にしてはいけません。
抜かれた時点で失点を覚悟しましょう。
フィールドプレーヤーが4人しかいないスポーツなので、フォローは期待出来ません。

ディフェンスの基本
基本はマンマーク(どこまでも決めた人についていくやり方)です。
自分のマークする相手が決まったら、相手と自陣ゴールの間に立ちましょう。
相手との距離は相手の足の速さで決まります。
あまり近づくと簡単に振り切られます。
基本通り「抜かれない事」「裏に走られない事」を最優先で考えましょう。

オフェンスの基本
オフェンス時のポジショニングで理想的なのは、 相手のディフェンスとディフェンスの間で、味方がパスを出しやすいポジションです。
全員がこのポジションを正確に取れていれば、簡単に相手ゴールまでいけます。
ところが相手も必死な上に、こちらもキックミスが必ずあります。

試合に勝てるセオリー
非常に簡単な事であり、ハードな事なのですが、 「相手よりも攻守の切り替えを速くする」 の一点に絞られます。
つまり試合中全力で走り続ける事なのですが、 もし仲の良いチームが出来たらやってみると良いでしょう。
レベルが低いほど有効です。
スタミナが続いているうちは有利に試合を展開しているはずです。

次が最後です! ルール

   Copyright © ふっとマニア. All Rights Reserved.
無料 レンタルサーバー